脱毛器での色素沈着にハイドロキノンとプラセンタ注射

光を照射することで、毛根のメラニンに熱を発生させ脱毛を行う脱毛器は、カミソリなどと違い手間もかからず肌への負担も少ないので便利な美容グッズです。
しかし、脱毛器の光が、毛根ではなく肌のメラニンに反応してしまうことがあり、それで炎症や色素沈着を引き起こしてしまう可能性があります。
色素沈着が起きてしまったら、せっかく無駄毛のない肌にしても、メイクでしっかりと隠さなければいけなくなります。
一度色素沈着が起きてしまえば、元の通り白い肌に戻すことは容易なことではありません。
そのような場合に効果があるのが、ハイドロキノン両方です。
皮膚科や美容外科で処置をしてもらえるシミ治療の方法ですが、ハイドロキノンのクリームなどを塗布すると紫外線などが肌にダメージを与えてもメラニンを生み出すチロシナーゼという酵素の働きを阻害して、新しくメラニンの生成が行われないようにします。
それと同時に、いま色素沈着が起きてシミになっている部分も薄くする効果があるので、すぐに美白効果を実感する事ができます。
このとき、ハイドロキノン療法とともに、プラセンタ注射をすれば、さらに美白になることが出来ます。
プラセンタ注射でもチロシナーゼの働きを阻害出来るのですが、肌の新陳代謝すなわちターンオーバーを活性化させるのです。
ハイドロキノンとプラセンタ注射の力が組み合わさることで、新しいメラニンが出来ることはなく、またシミとなっているメラニンは古い肌細胞とともに剥がれて落ちてしまう、ということになります。
これにより脱毛器で生じてしまった色素沈着は無事、漂白することができるのです。
なお、ハイドロキノンによりメラニンの生成は抑えられますが、強い紫外線を浴びれば、やはり生成されることがあります。
夏場の外出時には、日焼け止めを塗るべきです。