ハイドロキノンでしみはキレイに消える?

ハイドロキノンといえば、強力な美白効果を持つ成分として、医療関係者からも非常に高い評価を受けています。
そもそもは、写真の現像やゴムの酸化防止剤などの工業用として、使われていました。
白くするパワーがあまりに強いので、化粧品としても利用されるようになったのです。
しみやにきび跡、そばかすなどを消すのに、大いに力を発揮しています。
ほかのビタミンCやプラセンタなどといった美白成分がありますが、これらは、しみの予防には役立ちますが、ハイドロキノンですと、予防だけではなく、皮膚に沈着しているメラニン色素にまで働きかけて作用をする点で、際立った特徴を持っています。
実際に、さまざまな美容液や美顔器を使っても全く消えることのなかったしみが、ハイドロキノン配合の化粧品を使うことで、きれいに消えてしまった、という事例も少なくありません。
「肌の漂白剤」との異名をとるほど、その効果は高いのです。
美容通の間で大きな関心を集めているのは、そんなところにも理由があります。
日本では、2001年に法律が改正されハイドロキノンを化粧品に使うことが認められました。
それまでは、医療機関において、医師の管理のもとでしか使用することができませんでした。
海外では、古くからしみをきれいに消すための手法として、ハイドロキノンが使われてきていました。
ただ、美白効果が強いだけに、使い方を誤ると、皮膚にダメージを与える懸念があります。
しみ対策でハイドロキノン配合の化粧品を使う場合は、しみのある部分だけに塗るようにしなければなりません。
顔全体に塗ってしまうのは、刺激が強過ぎますので、リスクがあります。
また、しみが消えた後は、その部位への使用はやめるほうが安全です。
このように、強力な効果を発揮しますので、市販のハイドロキノン配合化粧品を使う場合も、初めてのときは、パッチテストを済ませてから、正式に使い始めるのが望ましいです。

↓ハイドロキノンで美白を取り戻したら、次はまつげ育毛はいかがでしょうか?
ケアプロスト
↓肌の次はまつげについて考えましょう
まつげ育毛剤はすごい!